2013年11月26日

ミクロものづくり大学「デジタルファブリケーションセミナー "3Dプリンタ等による新しいモノづくり"」に行ってみた

今日はセミナーに行ってきました。
セミナー
その中でファブラボの話題があったのですが、
私は余りよく知らなかったので営利的な物作りの集団的なイメージがありました。
しかしよく聞いてみると「あらゆる物や道具を使ったものつくりで楽しみながら社会貢献している世界規模の集団」でした。
いやー、ものつくりの原点かなと、しみじみ思ってしまいました。
いい意味で今の自分を見つめ直すことができました。

それから、3Dプリンタの展示もあったのですがすごい物を発見しました!
セミナー
カラーで積層している!!!
見れば1ヘッドの普通のプリンターじゃないですか。
もちろん「どうやったの」とお聞きしました。
答えは単純に途中でポーズして樹脂を交換しているだけでした。
おおっ、目から鱗が落ちていく。
すばらしいです。
原理的にはどのプリンタでも可能ですね。

さらにこのパーツはギアをかみ合わせた状態の1発積層なのです。
なるほど、ギアの形を考えればこんな事もできるのかといい刺激になりました。

今日は久々に良い一日でした。





ラベル:FabLab
posted by unaho at 23:20| セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。