2014年05月12日

3Dプリンタ&123Designの良い本を見つけたので買ってみた

そろそろ出てくるとは思っていたのですが、
いい参考本が出てました。
「脱! 2次元 面白いほどかんたんにできる! 3Dプリンター」


最初に買った「自宅ではじめるモノづくり超入門 」


よりも123D Designの使い方が丁寧に書いてあります。

制作サンプルもより身近なものがチョイスされ
パーソナル3Dプリンタでの出力にこだわらず
出力サービスの利用が前提の内容です。

私的にも一番現実的な路線だと思い、つい買ってしまいました。
これから123D Designをやってみようという方には良い内容だと思います。

今後のセミナーの参考にしたいと思います。






posted by unaho at 01:30| 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

3Dプリンタの隙間調整してみた

隙間調整
初期設定で重要なのはヘッドとベースプレートの隙間の調整です。
ですが、それほどシビアな物ではありません。最初はよく分からなかったのでシビアにやってみましたが結局、
1.ヘッドとプレートの隙間は付属の用紙が通過できるくらいの隙間が必要。
2.隙間はプレート中心部と周辺部で均一になること
の2点ができていればOKです。
ただ問題はプレートが真っ平らではなく中心がやや盛り上がっている事です。

最初に周辺部から合わせるのですが、ここで用紙がぎりぎり通くらいに調整すると最後の中心部の時に紙の表面が削れそうになります。なので最初の周辺部はするする通くらいで最後の中心部が少し抵抗がある感じがいいようです。(私は最初すごく悩みました)

シビアに調整しても積層物(作品)を取り外す(剥がす)時にプレートがかなり動きますのでまた微妙に狂います。
なので一回固定でほっておくより、時々隙間調整を行った方が良さそうです。

ただし、調整がアバウトすぎてプレートが傾いているのは論外ですので平均的に隙間を作ることは必須条件です。




posted by unaho at 16:11| 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。